12月 2014年 の記事

12/27 : 行く年くる年

投稿者 : minemori
100_1564
009
006
018


若いご夫婦からのご依頼でした。

限られた予算・・・
高額なシステムキッチンや、自動設備のトイレの便器
そういった類は普通でいい
それよりもお庭が好きだから、エクステリアを楽しみたい

ハウスメーカーから引き渡されたお家はどこか寂しそう・・・
そこから何度も何度も打ち合わせを重ねて
モミの木はどうしても欲しい
塀は石とモルタルのコラボ
門柱も一体化して

なによりハーブや小花を育てるスペース
土いじりは譲れない
あとは私にお任せ。。。

何度も言いますが、お家は育たないけれど、お庭は進化する!!

ええお正月を、若いご夫婦に幸多かれと祈る。

                 designer  isuzu

投稿者 : minemori
open

1994年、イギリスで誕生した(LUSH)ラッシュ
世界では49カ国、日本でも北海道から九州鹿児島まで150を超える
そんなラッシュが私は好きで京都四条店によく行く

特に私はこの店舗がお気に入り
日本初のシェフのいる工場も店内にあって
量り売りが出来るので少しからでもいろんな種類も買える

「LUSH」の意味をご存知でしたか
「LUSH」とは、自然の緑がみずみずしく茂っている
潤い豊かな様子のことらしい
フルーツやベジタブル、ラッシュの商品の原材料の多くが
大地の恩恵を受けている
だからあんなにステキな香りがするのだろうなぁ

自然の香りや形は本当にステキ。。。

そんな自然を私は昔から真似してる
何を真似しているかといえばそれは山の稜線
しかしあの綺麗な曲線R、これだけ真摯に向き合って
数えきれない位図面を書いてきても、いまだにダメ・・・

でもダメだからこそ、これでもか。。。とまた頑張る

それほど自然の風景は綺麗。。。
びわ湖の向こうに見える山の稜線はよけい綺麗
風や雨や暑さや寒さに耐えて、それでも自然は綺麗
私にはきっと山の稜線のようなRは一生書けないと思うけれど

それでも私は今日も書く。

                  designer  isuzu

12/14 : 爪を噛む

投稿者 : minemori
CIMG0473

ネコと暮らしているといろんな事に気付かされる
それはネコも思っているに違いない
しゃべれないネコは首をかしげて私を見ながら
きっとこう思っている筈だ
「こっちの世界においで。。。」

そう感じるのは特にこの黒猫、ゲン
とびきり自分流
私は媚びないネコが好きで今は三匹のネコと暮らしている
しかし同じネコでもそれぞれに個性がある

一番ネコらしいゴム
甘えたでやんちゃなメイ
そして我が道を行くゲン
ふんぞり返ってまぁしたたか。。。

私が図面の提出に追われ
そんな時に限ってプリンターのインクがなくなり
交換したボトルをメイが降り回し、白い図面はドロドロ
まだ上書きしていなかったキーボードにゴムが飛び乗り
せっかく書き終えたプランは露と消え・・・

そんな側でゲンはいつも爪を噛みながら私を見ている
笑われているのだ、いつもバタバタしている私の姿を
外はびわ湖の上を風が走り、比叡山には初冠雪が
季節はもう冬だよって。。。

見透かされているゲンの目に、私は笑うしかない
私も爪を噛んで欲を捨てて、季節を感じながら図面を書こう
紅の空が包み込むこの時間
手ごわいのは図面ではなく、私の狭いこころかもしれない。

               designer  isuzu

12/12 : 捜し物

投稿者 : minemori
DSC08989

素晴らしい古民家の小屋組みに出会った
さぁ写真写真とデジカメを捜す
たしかバックに入れた筈なのにない・・・
記憶を戻す

最後に使ったのいつだったっけ
私は仕事の現場の写真はあまり撮らない
メモも取らない
記憶の中に入るだけ押し込み、観察力をだましだまし鍛えてきた
だから歳の割には物覚えはいい方だと思っている

例えば施主の人に始めて会う
会話も大事だけれど、私はいろんな観察をする
着ておられる服の色、家の中の片付き具合
家族の立ち位置等

いかに顧客の満足を追求するか
その達成率が私達のノルマだ
少しでもゲストの意向に添い遂げたい
そんな職業病みたいなところを私は自負していたのに

これが仕事から離れるとそうはいかない
捜し物が多すぎる、何を捜しているのかさえも忘れる
なのにまた仕事モードに入ると、そんな細かい事までいいやん
そう言われるほど頭も澄んでくる、不思議な自分

捜し物はないですか。

               designer  isuzu

12/10 : 「戦友」

投稿者 : minemori
DSC01497

照明器具のDAIKO(ダイコー)さん
もう古い関係。。。

私がこの世界に入って何にも分からなかった時代
先輩のアシスタントで照明器具の打ち合わせに同席させてもらって
DAIKOを知った
その時の担当さんが時代が変わっても今も私の担当

彼もその当時は新入社員で、先輩にいつも怒られていたなぁ〜
私も同じように隣で先輩に怒られていた
だから彼とはまるで戦友だ

そんな彼も今では支店長
私もこの世界では古株になってきて
でも変わらないのは指定がなければ照明器具はいまだにDAIKO

決して浮気はしない
日本全国どこで仕事をしても私の図面の照明器具はDAIKO
もちろん彼をひいきしてだけではない
DAIKOの器具の強さと綺麗さ、クレームの無さからである

わいわい言いながら打ち合わせをする
こんな時間が大好き
仕事は楽しくないと。。。ね。

                   designer  isuzu


ブログカレンダー

<   2014-12   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031